解析プログラム、プロテインチップ、プロテインチップの製造方法、および、抗体カクテル

Analysis program, protein chip, method for manufacturing protein chip and antibody cocktail

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently proceed with proteomics analysis. <P>SOLUTION: Raw data including at least an electrophoretic image and a mass spectroscopic signal pattern by a mass analyzer having various different characteristics obtained by a proteome analysis method using tissues, cells and cultured cells derived from patients and disease model animals showing various clinical conditions, a protein ID identified based on the raw data and quantitative data are stored in a local DB and a proteomics DB. The proteomics analysis system converts the pieces of data stored in the proteomics DB into one language, fuses them together, retrieves other opened DBs accessible via a network to extract a specific protein group and a specific intracellular signal network. The clinical conditions are analyzed and information to the most sure medical treatment and drug design is obtained by predicting a function from these obtained results and performing verification by a unique protein chip. <P>COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT
【課題】 プロテオミクス解析を、効率的に進めることができる。 【解決手段】 各種病態を示す患者や疾患モデル動物由来組織、細胞および培養細胞を用いてプロテオーム解析方法によって得られた、電気泳動画像や各種異なる特徴をもつ質量分析器による質量分析シグナルパターンを少なくとも含む、生データ、当該生データに基づいて同定したタンパク質ID、および、定量的データが、ローカルDBやプロテオミクスDBに格納される。プロテオミクス解析システムは、プロテオミクスDBに格納されたデータを同一言語に変換し、融合させ、ネットワークを介してアクセス可能な公開された他のDBを検索して、特異的タンパク質群、および特異的細胞内シグナルネットワークを抽出する。これらの得られた結果から、機能を予測し、独自のプロテインチップによる検証を行うことによって、病態を解析するとともに最も確実な治療や創薬への情報を得る。 【選択図】 図1

Claims

Description

Topics

Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

Patent Citations (6)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2001514850-ASeptember 18, 2001バイオヴェイション リミティッドタンパク質のスクリーニング方法
    JP-2002108903-AApril 12, 2002Toshiba Corp, 株式会社東芝System and method for collecting data, medium recording program and program product
    JP-2002267668-ASeptember 18, 2002Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所Dnaアレイの情報利用方法、情報提供方法、作製方法
    JP-2002544632-ADecember 24, 2002ホワイトヘッド・インスティテュート・フォー・バイオメディカル・リサーチ遺伝子アレイの分析により生成した結果を保存し、比較し、そして表示するための方法および関連データベース関係型システム
    JP-2004535612-ANovember 25, 2004ジーン ロジック インコーポレイテッド遺伝子発現データの管理システムおよび方法
    JP-2005017090-AJanuary 20, 2005Hitachi Ltd, 株式会社日立製作所Protein identifying method

NO-Patent Citations (8)

    Title
    CSNC200900802009; 戸田年総: 'プロテオームインフォマティクス' 医学のあゆみ 第202巻,第5号, 20020803, p.319-324, 医歯薬出版株式会社
    JPN6012007154; Wilke, A.: 'Bioinformatics support for high-throughput proteomics' Journal of Biotechnology Vol.106, No.2-3, 2003, p.147 - 156
    JPN6012007157; Patterson, S.D.: 'Proteomics: the first decade and beyond' Nature Genetics Vol.33, 2003, p.311-323
    JPN6012007159; Ideker, T.: 'Integrated Genomic and Proteomic Analyses of a Systematically Perturbed Metabolic Network' Science Vol.292, No.5518, 200105, p.929-934
    JPN6012007161; McDonald, W.H.: 'MS1, MS2, and SQT-three unified, compact, and easily parsed file formats for the storage of shotgun' Rapid Communications in Mass Spectrometry Vol.18, 2004, p.2162-2168
    JPN6012007164; 荒木令江: 'プロテオーム解析の方法 8 病態プロテオミクス 8・4 脳神経系変性疾患および神経系腫ようの' 現代化学増刊 Vol.42, 2002, p.102-112
    JPN6012056314; 戸田年総: 'プロテオームインフォマティクス' 医学のあゆみ 第202巻,第5号, 20020803, p.319-324, 医歯薬出版株式会社
    JPN6012056315; 荒木令江: '脳腫瘍の病態プロテオミクスで見えてくる新たなシグナル伝達経路' 実験医学 第23巻,第7号, 200504, p.1050-1058

Cited By (7)

    Publication numberPublication dateAssigneeTitle
    JP-2013528387-AJuly 11, 2013ジョンズ ホプキンズ ユニバーシティJohns Hopkins University微生物の薬物耐性を判定するシステムおよび方法
    JP-2014077811-AMay 01, 2014Hoyu Co Ltd, ホーユー株式会社Two-dimensional electrophoretic method
    JP-2014103851-AJune 09, 2014Univ Of Tokyo, 国立大学法人 東京大学多階層網羅的データに基づく細胞内分子間ネットワーク自動推定方法
    JP-5822309-B2November 24, 2015国立大学法人 熊本大学, 国立大学法人 熊本大学統合プロテオーム解析用データ群の生成方法ならびに同生成方法にて生成した統合プロテオーム解析用データ群を用いる統合プロテオーム解析方法、およびそれを用いた原因物質同定方法
    WO-2011125917-A1October 13, 2011国立大学法人熊本大学Procédé de production d'un ensemble de données pour une protéomique intégrée, procédé de protéomique intégrée utilisant l'ensemble de données pour une protéomique intégrée, qui est produit par le procédé de production, et procédé pour identifier, par son utilisation, la substance qui en est à l'origine
    WO-2014080767-A1May 30, 2014国立大学法人東京大学Automated estimation method of intracellular intermolecular network based on comprehensive multi-layered data
    WO-2017114943-A1July 06, 2017Vito Nv, Universiteit AntwerpenMethods for mass spectrometry-based structure determination of biomacromolecules